東京電力福島第1原発事故は、使用済み核燃料プールが安全対策の盲点だったことを突き付けた。冷却機能が失われれば水が蒸発し、原子炉と同様に燃料が溶融、大量の放射性物質が放出される恐れが現実にあった...