連合島根(成相善朗会長)が1日、松江市内で臨時執行委員会を開き、4月の出雲市長選で無所属新人の飯塚俊之氏(55)=自民、公明推薦=を、松江市長選で無所属新人の上定(うえさだ)昭仁氏(48)=自民推薦=をそれぞれ推薦することを決めた。

 2人から2月に推薦要請があり、産業振興や雇用創出などに関する政策協定を結んだ。出雲市長選では無所属新人で建設会社社長の小豆沢貴洋氏(46)からも要請があったが、議員経験を評価して元市議の飯塚氏を選んだ。

 出雲市長選(4月4日告示、11日投開票)にはこのほか、新人で市議の川光秀昭氏(62)が無所属で出馬を予定している。

 松江市長選(同11日告示、18日投開票)には元日本政策投資銀行松江事務所長の上定氏のほか、自民党松江支部女性局副局長を務める無所属新人で元市議の出川桃子氏(43)が立候補する。(木幡晋介)