沿線の人口減少や新型コロナウイルスの感染拡大で利用が低迷するJR木次線の存続に向け、沿線自治体が2021年度、通勤利用者の掘り起こしに向けた調査に乗り出す。自家用車で通勤する50人程度のモニタ...