【66】  第三章 相国墜つ(六) 「〓(食ヘンに掲の旧字体のツクリ)(かっ)餬(こ)ですか? それとも桂(けい)心(しん)?」  身を乗り出して知忠は尋ねた。挙げたのは八(や)種(くさ)唐...