30年以上前に大阪に移り住んだ社会学者の岸政彦と、30年以上住んだ大阪を離れた作家の柴崎友香が交互につづる、大阪についてのエッセー集。  記憶も曖昧な幼少期、まだ何者でもなかった青春期、社会...