イチゴのソースがかかったホットドッグを試食するやすぎいちご女子会のメンバー〓(?)安来市南十神町、季節料理定九郎
イチゴのソースがかかったホットドッグを試食するやすぎいちご女子会のメンバー〓(?)安来市南十神町、季節料理定九郎

 安来市産のイチゴを使った創作料理を提供している和食料理店「定九郎(さだくろう)」(安来市南十神町)が、コロナ禍の今年はテークアウトで食べやすいイチゴソースのホットドッグなどを考案し、販売を始めた。色映えして女性の心をくすぐるメニューをそろえ、5月まで予約注文で受け付ける。

 新作のホットドッグはワサビマヨネーズを塗ったパンにウインナーを挟み、イチゴソースをかけた。セットで1242円。ケーキ風の「いちご海鮮ちらし寿司」も新メニューとして提供する。

 17日の試食会に参加したやすぎいちご女子会のメンバーで「さぎの湯温泉 竹葉」の斉藤さくらさん(24)は「ワサビとイチゴが意外な組み合わせでおいしかった。ピンクの見た目がかわいいので写真に映える」とカメラを向けた。

 店主の池田純さん(54)は「コロナ禍でもイチゴの季節を楽しんでもらいたい」と話した。

     (藤本ちあき)