入江聖奈の金メダル獲得を喜ぶ後藤ケ丘中学校の同級生=米子市末広町、米子コンベンションセンター
入江聖奈の金メダル獲得を喜ぶ後藤ケ丘中学校の同級生=米子市末広町、米子コンベンションセンター

 入江聖奈の金メダル獲得に、所属したジムや高校の恩師など両県の関係者も栄誉をたたえた。

 …………………………

 小学生時代に基礎を教えたシュガーナックルボクシングジム松江店の広沢倫明会長(42)

 勝利した後、相手をねぎらう姿に感銘を受けた。彼女の勝利であり、支えた周りの勝利でもある。大学限りで引退すると聞いた。驚いたが本人が決めたこと。聖奈、おまえの闘いが、鳥取や山陰のみんなをとびきりの笑顔にしたよ。ありがとう。

 

 高校3年時の担任、山本康彦さん(54)

 礼儀正しくいつもニコニコしていたので、足を使って前に向かっていく闘う姿にとても驚いた。進路希望の調査票には「五輪に出たい」と書いてあった。金メダルは努力を積み重ねた結果だと思う。夢がかない立派で誇らしい。

 

 自作の応援Tシャツやうちわで応援した幼なじみの本多一之信さん(21)=広島市中区

 小学生の時、遊んでいても時間になると「ボクシングがあるから」とバンテージを巻き練習に行った姿を鮮明に覚えている。僕たちが知らないような努力を積み重ねてきた。コロナ禍で世の中が暗い中、地元の米子を明るく照らしてくれる存在。自分も聖奈のように人に元気や感動を与える存在になりたい。

 

 同級生の長尾美明さん(20)=米子市

 2日前にLINE(ライン、無料通信アプリ)で「お疲れさま」とねぎらうと「本当にありがとう」と返事がきた。リングで闘う姿は「本当に聖奈?」と思うほど普段と全く違い、かっこよかった。本人も「聖奈じゃないみたい」とおどけていた。

 

 最年長のジム会員、酒井英さん(75)=境港市相生町

 こんなに心の底から感動するのは75年の人生で初めて。聖奈ちゃんが勝つ姿を見て、感動で涙が出てきた。聖奈ちゃんは孫みたいな存在。世界の頂点に立ってくれたことをうれしく思う。

 

 ジムの後輩の仁木厚希さん(17)=米子松蔭高2年

 中1からボクシングを始め、聖奈ちゃんが帰ってきたらアドバイスをもらっていた。すごく面倒見がいいお姉さん。決勝ではずっと感動していた。今週から全国高校総体のボクシングに県代表で出る。次は自分が頑張る番だ。

 

 ジムの後輩の作野辰嘉さん(13)=米子市立後藤ケ丘中2年

 入江選手が大学に行くまでは、毎日一緒に練習していた。お姉さんのような存在。2019年に全日本UJボクシング王座決定戦で優勝し日本一になった。入江選手の活躍を見て、夢が広がった。自分も28年ロス大会で金メダルを目指す。

 

 ジムの後輩の武田桜愛さん(9)=松江市立津田小4年

 勝ってほしいと思っていたら、本当に勝って金メダルを取ってびっくりした。1カ月くらい前にボクシングを始めたばかり。もっと入江選手のようにうまくなれるよう、がんばりたい。