第三章 相国墜つ(九)  治承五年が明けた睦月の末。父は躰の調子が優れず床に就いた。最近の性急な処置も、それを自身で解っていたからではないかと考えた。だが結果、七日ほどで本復して、政務に戻...