テーマは「食べられない料理」「行くことのできない料理店」。著名な作家や美術家から知る人ぞ知る出版関係者まで、計約100人がそれぞれの体験や思いをつづる。  例えばエッセイストの平松洋子さんは...