羅針盤の執筆陣のピエロ役として軽妙な文章を期待されて始まった連載ではあるが、3回目にして重たくなってしまった。今どうしても書きたいことがあったのである。ご容赦いただきたい。  2000年...