エフエム山陰(松江市)など全国FM放送協議会(JFN)加盟38社が、9月を「JFN防災月間」と定め、災害時への備えなどを各地域で発信している。エフエム山陰でも3番組で各パーソナリティーが行っている防災対策を紹介するほか、26日には全国ネットの特別番組が放送される。

 各地で豪雨や水害、地震といった災害が相次ぐ中、地域に合わせた防災のヒントを提供する。「聴く防災訓練」と題し、番組パーソナリティーが取り組む災害への備えを番組やウェブサイトで伝えている。

 エフエム山陰ではこのほど、情報番組「GO-!EVENING!」でパーソナリティーの高田リオンさんが2リットルの水6本が入った段ボールを2箱常備していることを紹介。「断水時にも利用できる。防災の備えの第一歩としてお勧め」と呼び掛けた。

 10日の「FRIDAY×FRIDAY」、23日の「Be Lucky!」でもそれぞれ取り組みを発信。26日午後1時からは全国ネットで特別番組を放送し、全国のパーソナリティーやリスナーから寄せられた備え方を取り上げる。26日は午前8時半から山陰放送(米子市)と共同制作した防災番組も放送し意識啓発を図る。  (吉田真人)