原子力規制委員会による中国電力島根原発2号機の審査は7年9カ月の長期に及び、審査会合は184回を重ねた。敷地近くにある「宍道断層」の議論に時間を要したことが一因だが、原発事業者としての資質が問...