エフエム山陰でパーソナリティーとして活躍する高田リオンさん(左)=エフエム山陰提供
エフエム山陰でパーソナリティーとして活躍する高田リオンさん(左)=エフエム山陰提供

 新型コロナウイルスの感染拡大によって仕事や暮らしに変化が起きている。ウェブ会議やビデオ通話を用いた面接、友人とのリモート飲み会など直接対面せず、パソコンやスマートフォンを利用したオンラインでのコミュニケーションが増えたのも大きな変化の一つだ。遠く離れた人と手軽に会話でき便利なのだが、「適切な声のトーンや間の取り方が分からない」「リアクションが伝わりづらい」と、オンライン通話ならではの悩みも生じる。そこで、「しゃべりのプロ」のラジオパーソナリティーを訪ね、オンラインで戸惑うことなく、うまく会話するポイントを聞いた。(Sデジ編集部・宍道香穂)

 松江市学園南1丁目のラジオ局、エフエム山陰。元ミュージシャンでラジオパーソナリティーの高田リオンさん(36)に話を聞いた。高田さんは2018年に島根へ移住し、翌年にエフエム山陰へ入社。「まだまだ新人で、“しゃべりのプロ”なんて恐れ多いです…」と謙虚だが、冠番組「高田リオンのGo Evening!」をメインに活躍する。豊富な音楽知識と気さくな人柄で、音楽アーティストをはじめさまざまな人との対談を盛り上げ、魅力を引き出している。

ラジオパーソナリティーの高田リオンさん(36)

トーン、速度、間の取り方… 心掛けたいポイント
 新型コロナウイルス感染拡大を受け、ラジオ収録もオンラインでのやりとりが増えたそうだ。これまでは直接、対面していたゲストとの対談を電話やビデオ通話でするようになり、「新たに分かってきたことがたくさんあります」と高田さん。さっそく、日頃の収録で心掛けていることを聞いてみた。

収録時に臨む高田さん(エフエム山陰提供)

①    第一声は高めのトーンで 
 高田さんが心掛けていることの一つが、声のトーン。
「電話取材では特に『第一声が勝負』と思っていて、1、2トーン高い声であいさつするよう心掛けています。同じセリフでも、トーンが高いと相手が優しく返答してくれるのです」。
 たしかに、声のトーンが高く明るい人には自然と安心感を覚え、話も弾む。一方、低いトーンで暗い印象だと、怖い人だな、怒っているのかな…と、なんとなく身構えてしまいそう。初対面では特に大事なポイントだ。オンライン会話だけでなく、対面でのコミケーションにも役立ちそうだ。

②    ジェスチャーを活用
 仕事の場面では、ビデオ通話を用いた会議や面接がぐっと増えた。初対面が画面越しだと、互いに相手の雰囲気がつかめず困りそうだが、高田さんは「姿勢の良さや清潔感、相手の目を真っすぐ見ているかどうか。画面に映る部分だけでもいろいろと伝わるものがある」とプロらしい目配りでアドバイスする。
 ビデオ通話では伝わりづらそうな「リアクション」も工夫次第で十分に伝わるといい、「ジェスチャーを大きめにしています。『え、そうなんですか?!』と言いながら目を大きく開いたり、身を乗り出して画面にぐっと近づいたり」と具体的なしぐさを交えて教えてくれた。
 取材時も記者の質問やコメントに「そうそう!」と身を乗り出したり、楽しそうに笑ってくれたりと、高田さんのリアクションの良さに助けられ、対話がスムーズに進むことを実感した。

気さくな人柄の高田さん。

③    ゆっくりと話す
 続いてのポイントは「ゆっくりと話す」。
「実は僕自身が、油断すると早口になってしまい、よく注意されるんです。自分も気をつけなければと思っているポイントです」と高田さん。「相手がゆっくりと落ち着いて聞き取れるスピード」を心掛けているそうだ。電話など音声だけでの会話になると特に、聞き取れなければそこで会話が途切れてしまう。流れを途切れさせずスムーズに会話するには、聞き取りやすさを心掛けるのは大切なポイントになる。

④    耳を澄ませて相手の「間」をつかむ
 オンラインでの会話で困るのが「間」の取り方。特に電話では、相手が話し始めるタイミングがつかめず声がかぶってしまい、「あ、ごめん」と謝り合うこともしばしばあるのではないか。
 相手の間の取り方を把握し、スムーズに会話するために高田さんが心掛けているのが「しっかり聞く」こと。「『~というのは、どういうことですか?』ではなく、『と、いうのは…?』と、(言葉を意識して少なくし)ペースを落とし、耳を傾ける。すると相手も質問に答えやすくなります」。相手の話がテンポよくなっている時は、声をかぶせてしまわないよう、あいづちも控えめにしているとのこと。

 

 トーンを少し高くする、ジェスチャーを大きくする、ゆっくり話す、じっくり聞く。これらの一工夫で会話がぐっとスムーズになる。なるほど! いずれも難しいことではなく、実践しやすいものばかりで、すぐにでも日常会話に取り入れることができそうだ。

 後編では、雑談の話題選び、相手と距離を縮めるこつといった、対面のコミュニケーションでも参考になる会話術を紹介する。一時流行した「リモート飲み会」についても話を聞いた。