満開のコスモスの傍らで語らう市民=松江市西川津町
満開のコスモスの傍らで語らう市民=松江市西川津町
$images.Image.ImageCaption
$images.Image.ImageCaption
満開のコスモスの傍らで語らう市民=松江市西川津町 $images.Image.ImageCaption

 【松江】松江市西川津町の朝酌川河川敷でコスモスが見頃を迎えた。昨年末に始まった住民の取り組みが花開いた。

 コスモスを通じて自由に人が集まってつながる場をつくろうと、地元住民らが実行委員会(佐藤勇人委員長)を立ち上げ、松江東高校生ら延べ500人が、ススキなどの草の根や石の除去作業に汗を流した。

 「コスモスの道」は学園通り沿いの河川敷約135メートル。通りがかった島根大総合理工学部2年の松平佳乃さん(19)は「とてもきれい。やっと秋だと感じられた」と笑顔だった。

 コスモス畑は3~5年かけて、約500メートルに延ばす予定という。  (森みずき)