懸命にオールをこぐ生徒=島根県隠岐の島町東郷、西郷湾
懸命にオールをこぐ生徒=島根県隠岐の島町東郷、西郷湾

 【隠岐の島】島根県隠岐の島町東郷の隠岐水産高校で21日、恒例のカッターレース大会が開かれた。クラス対抗の8チームが仲間の声援を受けながら、秋の西郷湾に熱漕を繰り広げた。

 校内の岩壁から、長さ9メートルある端艇に14人ずつ乗り込んだ。「イチ、ニ、サン」の掛け声に合わせ、400メートル先のブイを回頭するコースでタイムを競った。顔をゆがめながら必死でオールをこぎ、仲間との熱いレースを楽しんだ。

 海洋システム科3年の中島愁さん(18)は「高校最後のレースを優勝できてよかった」と笑顔で話した。

 大会は、同校OBや島内の職域チームも参加する「全隠岐カッターレース」として実施しているが、新型コロナウイルスの感染防止のため2年連続で校内対抗戦として開いた。(森山郷雄)