第三章 相国墜つ(十) 「今、行く」  知盛がこめかみを掻きつつ苦笑して知忠に答えると、希子は口元に手を添えたまま目だけで笑っていた。やはり家族のいるここだけが別天地の如く、穏やかな時が...