新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受ける事業者への支援策として、浜田市が15日、市内飲食店に20万円を給付すると発表した。売り上げが半減した観光関連事業者にも40万円を支援する。

 飲食店への給付金は、感染防止策を講じている店舗を島根県が認証する「島根県新型コロナ対策認証店」が対象。市内には420の飲食店があり、100件の申請を想定する。

 観光関連事業者への支援金は宿泊施設、旅行業、観光バス、タクシー、イベント企画運営会社、神楽関連業者を対象とする。2020年12月から21年12月の間、連続する2カ月の売上高の合計が前年か前々年の同期と比べ、50%以上減った場合に受けられ、50件の申請を見込む。

 市は新型コロナ対策として、1月に予定する成人式出席者に抗原検査キットを事前配布するほか、高齢者福祉施設や保育所による検査キットの購入費の助成も計画。関連事業費5千万円を盛り込んだ21年度一般会計補正予算案を、30日に始まる市議会12月定例会議に提出する。

      (勝部浩文)