自身の体験を交えながら講演するネゴシックスさん=島根県邑南町矢上、町商工会本所
自身の体験を交えながら講演するネゴシックスさん=島根県邑南町矢上、町商工会本所

 安来市出身のお笑い芸人・ネゴシックスさん(43)の講演会が26日、邑南町矢上の町商工会本所であった。芸人らしい軽妙な語り口で自身の人生を振り返り、何事にも挑戦する大切さを語り掛けた。

 ネゴシックスさんは24歳で人気バラエティー番組に出演。一気に仕事が増えたものの、29歳で上京するとレギュラー番組が全てなくなった、と振り返った。

 その後、たまたま描いたイラストが評価されて個展を開くと、番組のロゴやセットのイラストを依頼されるようになり、連動して芸人の仕事も増えたという。ネゴシックスさんは、「いろんなことを掛け合わせてやってみれば、違ったものが生まれる」と助言した。

 講演は町商工会青年部が企画したセミナーの一環で、吉本興業の「住みます芸人」で町内で活動する奥村隼也さん(36)との縁で実現。30人が聴いた。