新型コロナウイルス「オミクロン株」の水際対策で打ち出した国際線の新規予約一律停止を巡り、政府の混乱ぶりが表面化した。国土交通省による勇み足の形となり、岸田文雄首相や斉藤鉄夫国交相には「事後報告...