今季、島根スサノオマジックの攻撃の柱となっているのが、リード・トラビス選手(26)。現在、1試合平均得点は21・6点でB1得点ランキング2位につけている。

 トラビス選手は、ポール・ヘナレ監督が目指すバスケットボールの特徴を事前に研究し、開幕までに鍛錬を重ねた。自分に求められることを考え、シュートレンジを...