新型コロナウイルス禍で生じた差別や偏見に関する人権相談が今年2月までの1年間に、全国の法務局に延べ2300件余り寄せられたことが13日、法務省への取材で分かった。熱が出ただけでアルバイトを辞め...