島根県庁(左)と鳥取県庁
島根県庁(左)と鳥取県庁

 国内で14日、新たに2万人を超える新型コロナウイルス感染者が確認された。2万人を上回るのは昨年9月1日以来、約4カ月半ぶりで、都道府県別では東京4051人、大阪2826人など。オミクロン株が急拡大し、第6波の歯止めがかからない状況だ。

 山陰両県ではいずれも13日検査分で計96人(島根67人、鳥取29人)に上った。

 島根の67人は1日の感染者数としては過去3番目の規模。内訳は松江市9人、浜田市17人、出雲市17人、益田市6人、大田市1人、安来市1人、江津市1人、雲南市1人、邑南町8人、奥出雲町2人、隠岐の島町2人、県外2人。県によると、県浜田合同庁舎(浜田市片庭町)5階の西部農林水産振興センター水産部に勤務する県職員1人が感染。職員20人を検査するため、同部は17日まで2人態勢に縮小する。

 邑南町の2人はクラスター(感染者集団)が発生した町内の児童福祉施設の関係者。学校関係の感染も相次ぎ、14日は新たに出雲、雲南、大田各市の中学校4校と小学校1校が休校し、浜田市内の中学校1校が学年閉鎖となった。

 鳥取の内訳は鳥取市7人、米子市6人、琴浦町2人、県西部6人、非公表8人。サッカーJ3のガイナーレ鳥取を運営するSC鳥取は選手1人とチーム関係者1人の感染を発表した。

 累計感染者数は島根2166人、鳥取1859人。14日午前0時時点の確保病床使用率は島根(368床)50・0%、鳥取(350床)32・0%。宿泊療養は島根19人、鳥取41人。自宅療養は島根30人、鳥取1人。重症者はいない。

 このほか、鳥取市は14日、同日検査分として高草中学校、世紀、中ノ郷両小学校で各1人の感染が確認されたと発表した。高草中と中ノ郷小は17日まで、世紀小は18日まで休校する。
 (佐々木一全、福間崇広)