▽乙川優三郎著「麗しき花実」  蒔(まき)絵(え)師の娘理野は松江から江戸に出て評判の工房で蒔絵修業に打ち込んでいた。伝統か革新か。真作か代作か。門人らと論を交え、心を通わせて女の情念を込め...