烏ケ山に突然現れたブロッケン現象。虹が二重の輪になっている(村上伸祐さん撮影)
烏ケ山に突然現れたブロッケン現象。虹が二重の輪になっている(村上伸祐さん撮影)

 鳥取県江府、琴浦両町にまたがる独立峰の烏ケ山(からすがせん)(1448メートル)で、霧に太陽光が差し込み、虹の輪を形作るブロッケン現象が確認され、大山プロガイド協会の村上伸祐さん(64)=岡山県新見市=が写真に収めた。

 国立公園・大山山系でのブロッケン現象は、天候の条件によって発生するが、写真にように虹の輪が二重になって出現するケースは珍しいという。

 22日午後2時ごろ、烏ケ山の南峰から下山途中、眼下に立ちこめてきた霧のベールに西日が差し込み、幻想的な光景が突然現れた。当日は快晴、微風、気温氷点下7度。日本山岳ガイド協会公認登山ガイドの有資格者でもある村上さんは「二重の輪っかは仏様か神様かと思うほど神々しかった」と言う。

 険しい山容から「西日本のマッターホルン」とも呼ばれる烏ケ山は、歌手宇多田ヒカルさんのテレビCMで登場し、話題になった。
      (山根行雄)