島根県庁(左)と鳥取県庁
島根県庁(左)と鳥取県庁

 島根、鳥取両県は25日、新たに計243人(島根132人、鳥取111人)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。鳥取県は1日当たりの新規感染者数が初めて100人を超え、過去最多となった。島根の100人超えは9日連続。

 島根県は24日の検査での確認分が129人。居住地の内訳は、出雲市38人▽松江市34人▽浜田市、益田市各12人▽大田市9人▽江津市、邑南町各7人▽安来市4人▽川本町3人▽美郷町、吉賀町、県外各1人ー。調査中はなかった。ほかに出雲市の3人を23日確認分として追加発表した。

 松江市は市役所本庁舎の職員1人の感染を発表。業務を通じた市民との接触はなく、所属する課は代わりの職員を配置し、通常通りの業務を行った。

 益田赤十字病院は職員1人が感染。診療は通常通り行う。安来市では市立中学校1校で1人が感染し、当面の間、休校する。

 島根県吉賀町教育委員会は、町内で1人の感染が確認されたことを受け、蔵木小学校と六日市小学校を30日まで臨時休校すると発表した。

 鳥取県の保健所別の内訳は、米子81人▽鳥取市17人▽倉吉13人ー。

 米子高校、鳥取市立桜ケ丘中学校、湯梨浜中学校、南部町立西伯小学校、境港市立渡小学校、倉吉市立西郷小学校、米子市立の小鳩保育園と富益保育園で関係者の陽性が判明し、それぞれ休校・休園。県西部広域行政管理組合消防局は職員2人、県八頭庁舎は職員1人が感染したが、業務への影響はない。

 累計感染者数は島根3693人、鳥取2687人。25日午前0時時点の確保病床使用率は島根(368床)35・6%、鳥取(350床)26・9%。宿泊療養は島根35人、鳥取129人。自宅療養は島根980人、鳥取152人。島根は重症者が1人いる。
 (原田准吏、藤井俊行)