パッケージに江津市内の風景をデザインしたドリップコーヒー=江津市嘉久志町、cafe桜co..
パッケージに江津市内の風景をデザインしたドリップコーヒー=江津市嘉久志町、cafe桜co..

 パンケーキと独自ブレンドのコーヒーが看板商品の「cafe桜co..(カフェサクラコ)」(江津市嘉久志町)が、江津市の風景をイメージしたパッケージデザインのドリップコーヒーを発売した。

 新型コロナウイルス禍で往来ができない人に、商品を通して江津を感じてもらおうと、盆子原健代表(45)と、嘉戸夕里子店長(31)が企画した。

 デザインは、日本製紙江津工場(江津市江津町)の煙突と市街地を見下ろす星高山の風景など計4種類。1袋10グラム、190円。同店のほか、ドライブイン「神楽の里・舞乃市」(同市後地町)や市地場産業振興センター(同市嘉久志町)で販売している。

 嘉戸店長は「コーヒーで江津への思いを高めてほしい」と話した。 (村上栄太郎)