島根スサノオマジックが13日、チャンピオンシップ(CS)出場を決めた。その日の夜にあった群馬クレインサンダーズ戦後に記者会見した選手からは「出場決定は、あくまでも通過点だ」という気持ちが強く伝わった。

 会見に出席した安藤誓哉、金丸晃輔、ニック・ケイ、阿部諒の4選手の中で、CS出場経験があるのは安藤、金丸の2選手。アルバルク東京で2度のB1年間王者を経験している安藤選手は「今回は新たなチャンピオンシップに臨む気持ち」と話した。経験を生かし、島根で新しいスタイルを構築しようという意気込みが感じられた。

 東西両地区の上位8チームによるCSは激戦が必至で、求められるプレーの水準はさらに高くなる。「レギュラーシーズンで足...