島根県庁(左)と鳥取県庁
島根県庁(左)と鳥取県庁

 島根県と鳥取県が13日、150人、118人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。松江市内の学校部活動、浜田保健所管内の高齢者福祉施設、出雲市内の児童福祉施設、鳥取市内の私立高校、米子市内のスポーツジムで計5件のクラスター(感染者集団)が発生した。新規感染者は両県とも12日確認分。

 島根県の居住地別の内訳は出雲市68人、松江市30人、大田市14人、浜田市8人、江津市7人、安来市4人、益田市と川本町、邑南町、津和野町各3人、雲南市と奥出雲町各2人、飯南町1人、県外2人。

 新たにクラスターが発生した松江市内の学校部活動で5人、浜田保健所管内の高齢者福祉施設で7人、出雲市内の児童福祉施設で13人の感染を確認。接触者は把握できており、名称は公表しない。県内のクラスターは累計240件。

 出雲市は市立総合医療センターの職員1人が感染したと発表。接触者全員の陰性が確認されており、通常通り診療する。中国電力三隅発電所の協力会社と島根原発の社員各1人、県警本部の30代女性職員1人、松江市立保育施設の職員1人も感染したが、業務に支障はない。

 松江市立小学校4校で6人、大田市立小学校で3人が感染し、学級閉鎖や学年閉鎖。出雲市立小学校2校が感染確認に伴い当面の間、一部学級閉鎖とした。

 鳥取県の保健所管内別では米子59人、鳥取市41人、倉吉18人。

 鳥取市内の私立高校のクラスターは8人が感染し、9日にオンライン授業に切り替え、部活動を禁止した。米子市内のスポーツジムは13人が感染。米子保健所は利用者約950人の検査を求めた。県内のクラスターは累計136件。

 米子市の県西部地区運転免許センターの職員、鳥取地検で修習中の司法修習生、中国地方整備局日野川河川事務所の職員が感染したが、業務に影響はない。

 関係者の感染確認を受け米子市の福生中と福米東小、倉吉市の明倫小、日野町のひのっこ保育所で学級閉鎖や一部閉鎖。13日に境高校でも感染者が出た。

 鳥取県は10日に発表した米子保健所管内の2人の感染を取り下げた。累計感染者数は島根1万5334人、鳥取1万3462人。13日午前0時時点の確保病床使用率は島根(371床)12・1%、鳥取(350床)19・4%。宿泊療養は島根41人、鳥取146人、自宅療養は島根852人、鳥取595人。重症者は両県ともいない。
 (清山遼太、藤井俊行)