英国には今でも椅子作りで生計を立てている「椅子職人」がいます。生業(なりわい)になり得るということは、そういったものを好む人が一定数いる、需要があることの証明で、他国のこととはいえ手仕事好きと...