カミュの「ペスト」や、マンの「ヴェニスに死す」に描かれた世界が、パンデミック文学の観点から現代の読者にとって切実に感じられるようになったのはコロナ禍の「おかげ」の一つだろう。  翻ってそれは...