森鴎外が好んだ料理を再現した「鴎外食」を味わう参加者=島根県津和野町後田、津和野町民センター
森鴎外が好んだ料理を再現した「鴎外食」を味わう参加者=島根県津和野町後田、津和野町民センター
提供された鴎外食。(左上から時計回りに)果物のコンポート、そばがき、うなぎ巻、天ぷら、葉唐辛子のつくだ煮、おにぎり、牛鍋
提供された鴎外食。(左上から時計回りに)果物のコンポート、そばがき、うなぎ巻、天ぷら、葉唐辛子のつくだ煮、おにぎり、牛鍋
ユニークな献立の「まんじゅう茶漬け」
ユニークな献立の「まんじゅう茶漬け」
森鴎外が好んだ料理を再現した「鴎外食」を味わう参加者=島根県津和野町後田、津和野町民センター 提供された鴎外食。(左上から時計回りに)果物のコンポート、そばがき、うなぎ巻、天ぷら、葉唐辛子のつくだ煮、おにぎり、牛鍋 ユニークな献立の「まんじゅう茶漬け」

 (アプリの方は写真をタップして左右にスライドすると別写真を見られます)

 島根県津和野町出身の文豪・森鴎外(1862~1922年)の没後100年を迎える今年、地元の津和野旅館組合(横山聡平組合長、10社)が、鴎外が好んだとされる「まんじゅう茶漬け」や牛鍋など17種類の「鴎外食」を完成させた。26日は町内で試食会があり、町民が郷土の偉人の食生活に思いをはせた。

 今年2月から再現を進めた鴎外食を味わってもらい、節目の年を、町民を挙げて盛り上げようと、鴎外忌(7月9日)を前に初めて企画。11人が参加した。

 献立は天ぷら、うなぎ巻(うなぎ入り厚焼き卵)、おにぎり、葉唐辛子のつくだ煮、そばがき、果物のコンポート、牛鍋、まんじゅう茶漬けの8品。鴎外の著作や遺族の著述を基に、町内の郷土史家山岡浩二さん(66)が監修した。

 試食会は、山岡さんが講師を務め「鴎外は無類の甘党で、酒はあまり好きではなかった」といったエピソードを紹介。参加者は、箸を進めながら、文豪の知られざる一面に触れた。

 参加した同町森村の村田進さん(90)は「ぜいたくな味だった。まんじゅう茶漬けには困ったが、それ以外はおいしかった」と話した。

 今後、イベントや旅館宿泊プランで提供する。問い合わせは津和野旅館組合、電話0856(72)1771。