島根県庁(左)と鳥取県庁
島根県庁(左)と鳥取県庁

 島根県と鳥取県が4日、315人、138人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも3日確認分。出雲市の市立小と高齢者福祉施設、松江市内の飲食店、鳥取商高と義務教育学校の江府町立奥大山江府学園ブナの森校舎で、計5件のクラスター(感染者集団)が発生した。

 島根県の居住地別の内訳は、出雲市129人、松江市78人、大田市20人、安来市18人、雲南市15人、浜田市13人、飯南町3人、知夫村と隠岐の島町各2人、奥出雲町と県外各1人、調査中33人。

 新たにクラスターとなった出雲市立小は3日までの検査で65人の感染が判明。松江市内の飲食店、出雲市内の高齢者福祉施設では各6人が感染した。接触者は把握できており、名称は公表しない。県内のクラスター累計は299件。

 2日に県内294例目として公表した松江市立病院のクラスターで、新たに入院患者と職員各1人が感染。関連の感染者は計12人となった。

 県松江合同庁舎2階の職員と県東部農林水産振興センターの職員各1人が感染し、業務を一部縮小した。松江市立保育施設、近畿中国森林管理局島根森林管理署、出雲市の行政センター、中国電力島根原発の協力会社で、職員や社員各1人が感染。県東部警察署の20~40代の男性警察官計4人も感染したが、いずれも業務に支障はない。感染確認により、松江市立小2校、出雲市立小8校、同市立幼稚園2園、雲南市の小学校1校が、休園や学級・学年閉鎖となった。

 鳥取県の保健所別の内訳は米子93人、鳥取市41人、倉吉4人。

 クラスターは、鳥取商高で6月30日~7月3日に33人、奥大山江府学園ブナの森校舎で1~2日に9人の感染を確認。ともに休校措置を取った。県内クラスターの累計は174件。

 とっとり花回廊の職員1人が感染。業務に支障はない。感染確認で鳥取市の浜村小、米子市の彦名小、福米西小、就将小、福生東小、啓成小、東山中、湊山中、加茂中、弓ケ浜中、倉吉市の河北小、境港市の渡小が学級・学年閉鎖。琴浦町立しらとりこども園は休園となった。

 累計感染者数は島根2万1085人、鳥取1万7021人。4日午前0時時点の確保病床の使用率は島根(371床)28・3%、鳥取(350床)7・1%。宿泊療養は島根23人、鳥取129人。自宅療養は島根1694人、鳥取571人。重症者は両県ともいない。