鳥取県伯耆町は5日、町立岸本小学校(鳥取県伯耆町吉長)の児童2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともに、4日に米子保健所管内で判明した感染者の濃厚接触者。同校は6、7日の両日、臨時休業とした。町によると、大型連休中で他の児童や教職員とは接触していない。

 県によると、児童2人は2~4日に外出したが、不特定多数との接触はなかった。うち1人は4日に37・7度の発熱があった。2人とも感染者の濃厚接触者として5日にPCR検査を受け、陽性だった。

 県内では5日、ほかに米子保健所管内で年代、性別、居住地が非公表の1人の感染が確認された。

 6日は3人の感染が確認された。うち2人は倉吉保健所管内で確認された。年代、性別、居住地が非公表の1人は感染者の濃厚接触者。性別と居住地が非公表で30代の人は感染者との接触は確認されていない。残る1人は鳥取市が発表し年代、性別、居住地は非公表。感染者との接触は確認されていない。

 県内の感染者は累計383人になった。(柴田広大)