見頃を迎え、鮮やかに咲き誇るバラ=島根県邑南町矢上、香木の森公園
見頃を迎え、鮮やかに咲き誇るバラ=島根県邑南町矢上、香木の森公園

 島根県邑南町矢上にある香木の森公園内の温室で、赤やピンクの色とりどりのバラが見頃を迎えている。農薬を使わないオーガニック栽培で育てられ、香りが強いのが特徴。入園無料で今月いっぱい楽しめる。

 園内のハウスでは43品種70株のバラを栽培。農薬を使わないことで花の本来の香りが楽しめるという。今年は例年通りの4月下旬ごろに咲き始めた。

 高さ2メートルの位置に濃いピンク色の花をつける「ロザリューム・ウッテンセン」が目を引き、咲きながらオレンジからピンク色に色が変わる「アンネフランク」、ピンクから白になる「マチルダ」といった珍しい品種も並ぶ。

 同公園管理スタッフの出店ひとみさん(37)は「無農薬で育てているので近づいて触れても安心。近寄って香りを楽しんでほしい」と話した。(糸賀淳也)