仕上げ磨きの様子。口を大きく「あーん」とは開けてくれず手こずっている
仕上げ磨きの様子。口を大きく「あーん」とは開けてくれず手こずっている

 親子ともども、最も苦手なのは「歯磨き」だ。子どもはなぜこんなにも歯磨きを嫌がるのか。毎度大暴れ、大泣きされるから、歯磨きの時間が憂鬱(ゆううつ)になる。それでもわが子が虫歯でつらい思いをするよりはと、心を無にして磨いている。

 仕上げ磨きをしっかりするには、本人を寝かせて口を大きく開けてもらう必要があるが、それすらクリアできない。寝かされるのが嫌で大暴れ。無理に寝かせて、足で子の両腕を押さえつけて固定する。子は、両足をばんばん床にたたきつけて抵抗。まるでプロレスだ。口は断固として開けない。「ギャー!」と泣いた瞬間、開いた口に歯ブラシを入れる。だが、すごい力でかみつき、ブラシは動かせなくなる。毛先は、新品が一瞬でボロボロになる。

 娘が1、2歳のころはこんな感じだった。現在1歳の息子も全く同じ状況。3歳になった娘は、押さえつけなくても寝てくれるようになったし、泣かなくもなった。でも、やっぱり嫌なのか大きな口を開けてはくれず、苦戦が続く。

 娘は歯科医院も苦手。独特の雰囲気に圧倒されてか1人で診察台にあおむけになることができず「だっこ」とせがむ。甘えたくなるからと、母だけ待合室へ戻るよう促されるが、診察室からは「いやだ~」「おかあちゃんがいい~」という泣き声が聞こえ胸が痛む。家で歯医者さんごっこをしたり、診察後にもらえるご褒美の消しゴムを楽しみにさせたりして、なんとか連れて行くが、診察台を前にすると急に元気がなくなる。1人で来院している女子高校生を見ては「娘はあんなふうになれるんだろうか」と、ため息が出る。

 そんな娘の3歳児健診で「虫歯になりかけの歯がある」と言われてしまった。「お母さん、しっかり仕上げ磨きしてないでしょう」なんて言われ、落ち込んだ。頑張っているつもりでも虫歯ができて責められるのは親なのだ。世間の目がプレッシャーになり、さらに歯磨きの時間が苦痛になる。「ちゃんと磨かねば」と母が怖い顔をしているから、子が嫌がるのは当然だろう。でも、うまいやり方がいまだに分からない。

 親に責任があるのは事実だが、もう少し日々の頑張りも認めてほしい…。というのが、切実な気持ちでもある。

 (文化生活部・増田枝里子)

  =毎週土曜掲載=

 …………………………… 

 <感想募集>連載への感想をお寄せください。文化生活部=ファクス0852(32)3520。メールはkurashi@sanin―chuo.co.jp。LINEはQRコードから。