前回、社会資本整備の進め方について、ストック効果と生産性を最大化する取り組み、革新的な老朽化対策の導入、国土強靭(きょうじん)化への計画的な投資、そしてそれらを支える人材確保の重要性をご紹介し...