最近、働く女性の生きづらさと、そこからのユニークな脱却を描いた小説が多い。太宰治賞を受賞した本書もその系列に連なり、帯にも「職場にキレて偽装妊娠」とある。その妊娠は女性が生き抜くための思いがけ...