病院で勤務する前島貴子さん=愛知県内
病院で勤務する前島貴子さん=愛知県内

 今春、愛知県で産婦人科医として歩み始めた前島貴子さん(56)=松江市出身=は20日の父の日を特別な思いで迎える。医師を志したのは1997年、父が自ら命を絶ったことがきっかけ。父の苦悩に寄り添えなかった後悔の念が「悩む人の力に」と医の道に駆り立てた。3人の子どもを育てながら7浪の末に医学部に合格するなど24年間かけて念願を果たし、父を思って手を合わせる。
 もともと、父との関係は良くも悪くもなかった。高校2年の時に両親が離婚してからも別居の父と時々、顔を合わせた。人生が変わったのは薬局経営に携わっていた32歳の時。父の営む飲食店が閉まったままだと知人に聞いて訪ねると、変わり果てた父の姿があった。64歳だった。
 他人の借金を肩代わりして返済に苦しみ、酒に溺れていたことを知った。生前、気落ちした様子で相談を持ち掛けてきたことを思い出した。忙しさにかまけて耳を傾けられなかったことに、胸が痛んだ。
 自らが子どもの頃から人助けに積極的で、島根大在学中にはアルコール依存症患者に寄り添うボランティア活動に励んだことがあったにもかかわらず、だ。
 自分を責め、悩んだ末に「父と同じように悩む人を助けたい」と医師になることを決めた。
 予備校で10歳年下の現在の夫と出会い結婚。長女誕生を機に医学部入りを諦めて就職した夫が家計はもちろん、学業でも子育てでも献身的に支えてくれ、2004年、愛知県内の医学部に合格した。通常の1・5倍の9年間かけて卒業し、医師国家試験は3度目の挑戦で合格。19年に同県内の病院に就職し、研修医生活を終えて今春、産婦人科医としてスタートを切った。
 「夫がいなければ、勉強も今ここに立つこともできなかった。医師という夢を諦めてまで、全てをサポートしてくれた」と、夫に感謝でいっぱいだ。
 今後目指すのは「患者に希望を与えられる医師」。絶望的な病状でも、どう前向きに生きていくか、一緒に希望を探し、寄り添うつもりだ。「父のようなつらい思いを、ほかの人にはさせない」と亡き父に誓う。
(広木優弥)