幼少期に抱いた五輪への憧れは、年を重ねても消えることはなかった。大学から始めたセーリングでは、目指していた階級での出場はかなわなかったが、後がない状況で転向したフィン級で夢舞台の切符をつかんだ...