本紙で2019年11月から20年12月まで連載した小説「琥珀(こはく)の夏」がこのほど発売された。直木賞作家の辻村深月さんの約2年ぶりとなる長編。幼い頃、カルト団体の施設「ミライの学校」で過ご...