金髙 雅仁氏
金髙 雅仁氏

五輪開幕を前に日本の治安を徹底解説!

講 師 元警察庁長官 金髙 雅仁氏
演 題 「日本の治安はいまも世界一か」

 山陰中央新報社の「米子境港政経クラブ」「島根政経懇話会」は、7月15日(木)16日(金)に定例会を開催します。今回は、元警察庁長官の金髙雅仁氏を講師に迎え、「日本の治安はいまも世界一か」と題してお話しいただきます。

 東京オリンピックの開幕まで1カ月を切りました。新型コロナウイルスの感染拡大が終息しておらず、オリンピックの対策や課題の焦点は「コロナ一辺倒」になっていますが、治安の現状はどうなっているのでしょうか。

 そこで、今回は元警察庁長官で日本国際警察協会会長の金髙雅仁さんを講師に迎えます。金髙さんは2015~16年に第25代となる同長官を務め、在任中には低迷していた重要犯罪検挙率の大幅アップを果たされました。

 講演では、犯罪発生率や殺人、窃盗の件数など国内の治安状況に関するデータを交えながら、治安が現在も世界一なのかどうかについて、その背景とともに話していただく予定です。ご期待ください。

<金髙 雅仁氏のプロフィール>
 1954年生まれ、東京都出身。東大卒。78年警察庁入庁。イタリア大使館一等書記官や警視庁刑事部長、警察庁刑事局長を経て2015年1月から16年8月まで同長官。長官時代に伊勢志摩サミット警備を完遂し、6代目山口組分裂・抗争の封じ込め、工藤会壊滅作戦を指揮。「捜査の構造改革」を推進し、低迷していた重要犯罪検挙率の大幅アップを果たした。現在、警察共済組合理事長、日本国際警察協会会長。著書は「日本の治安は世界一か」など。

(本会は会員制です)

■政経懇話会のページへ↓
https://www.sanin-chuo.co.jp/page/seikeikon/