【60】  第二章 平家一門(三十五) 「しかし、南都を攻めるは時期尚早かと」  流石に焼き討ちするとあっては、普段はまともな意見を出さぬ一門の中にも、諫(かん)言(げん)する者があった。 ...