新潮社版「江分利満氏の優雅なサヨナラ」 「山口瞳」はペンネームでなく本名。40代半ばまではこの名前を嫌っていた。「女名前であるだけでなく、なにか小市民的、なにか中産階級的、あるいは文化的であるの...