邪(じゃ)見(けん)の恐るべきを知りて、正知(しょうち)見(けん)に随順するを不邪見と云(い)う。 (慈雲)  <解説>真実からずれた見方がいかに恐ろしく苦しみを生んでいるか、そのことを...