1964年初夏、福島県大熊町と双葉町にまたがる広大な台地を1台のジープが土ぼこりをあげながらゆっくりと進んでいた。人の背丈より高いススキの間を縫うようにわだちがある以外、道路らしきものはない。...