読んだあと、見える景色が変わってしまう―。丸山正樹「ワンダフル・ライフ」はそんな力のある小説だ。  本作は「無力の王」「真昼の月」「不肖の子」「仮面の恋」という四つの話が同時並行で進んでゆく...