島根県と松江市は27日、新たに8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地は出雲市3人、松江市2人、安来市1人、邑南町1人、県外1人。いずれも26日の検査で判明し、症状は軽い。県内で確認された感染者数は累計683人となった。

 出雲市の3人のうち1人は既に判明している感染者の接触者で、残る2人は感染経路を調べている。

 松江市の2人のうち1人は県外で確認された感染者の濃厚接触者で、発症から2週間前以降に県外移動歴があった。残る1人の感染経路は確認中という。

 安来市、邑南町の各1人は感染者の接触者として検査した。県外の1人は仕事で松江市内を訪れた40代男性で25日に発症した。

 8人とも発症2日前以降に不特定多数との接触はなく、接触者は把握済み。

 27日午後4時現在の県内の入院患者数は101人で、確保病床(324床)の使用率は31・2%。

 県は軽症や無症状の患者用に新設した県営工業団地(松江市北陵町)の宿泊療養施設で26日から受け入れを始めた。 (多賀芳文)