10番でショットを放つ金宮みかど=大山平原ゴルフクラブ
10番でショットを放つ金宮みかど=大山平原ゴルフクラブ

 米子市在住の金宮みかどは、最終日を3オーバーの75で回り、トータル5オーバーの221で38位タイ。「もう少し上位に食い込みたかったが、今後の課題が見つかってよかった」と次戦を見据えた。

 3日間を通じて、ティーショットは安定していた半面、最終日はアプローチショットの精彩を欠いた。「ピンに対してどのように球を打つべきなのか、判断しきれず迷って打ったのがミスにつながった」と反省を口にした。

 5番(パー4)は、ピンがグリーンの右側に切ってあり、ドローボールを得意とする金宮は苦戦。3日間ともボギーをたたき、その他のコースでもロングパットを強いられる場面が目立ち、「一打でも減らしたい思いがあったが、技術面でできていない部分があった」と悔やんだ。

 埼玉県出身の金宮は米子市に移住して約4年。目標としていた優勝やトップ10入りは果たせなかったが「決勝では積極的に攻めることができ、気持ちよくプレーできた」と地元開催の大会を振り返った。 (小引久実)