東京パラリンピックで山陰両県から、車いすテニス男子の三木拓也(出雲市出身)、陸上男子の安野祐平(米子市出身)が出場した。
 三木はシングルスで3回戦、ダブルスは2回戦で敗退し、いずれも準々決勝進出を逃した。安野は100メートル(脳性まひT33=車いす)決勝に出場し、22秒34で5人中5位だった。
 両選手が大舞台で見せた戦いぶりを写真で振り返る。

車いすテニス 三木拓也(出雲市出身)

[ 関連記事を見る ]

▼男子シングルス3回戦

プレーする三木拓也=有明テニスの森公園
プレーする三木拓也=有明テニスの森公園
プレーする三木拓也=有明テニスの森公園
ポイントを奪われれ、さえない表情の三木拓也=有明テニスの森公園

▼男子シングルス2回戦

男子シングルス2回戦でアルゼンチン選手(左)を破った三木拓也=有明テニスの森公園
プレーする三木拓也=有明テニスの森公園
プレーする三木拓也=有明テニスの森公園
 
プレーする三木拓也=有明テニスの森公園

▼男子シングルス1回戦

男子シングルス1回戦でスペイン選手(奥)を破った三木拓也=有明テニスの森公園
男子シングルス1回戦でスペイン選手を破り、ガッツポーズする三木拓也=有明テニスの森公園
プレーする三木拓也=有明テニスの森公園
プレーする三木拓也=有明テニスの森公園
プレーする三木拓也=有明テニスの森公園
ポイントを奪いガッツポーズする三木拓也=有明テニスの森公園