島根県庁
島根県庁

 島根県と松江市は3日、28人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地は松江市12人、浜田、益田両市が各5人、出雲市3人、安来、江津両市と美郷町が各1人。県内の累計感染者数は1420人。

 2日の検査で判明し、いずれも軽症か無症状。23人が既に判明した感染者の濃厚接触者か接触者だった。

 3日午後4時現在の入院患者は146人で、うち1人が重症者。確保病床(324床)の使用率は45・1%で、即応病床(265床)は55・1%。宿泊療養者は32人で、自宅療養者は45人。

 出雲市は3日、クラスター(感染者集団)認定された市内の公設児童クラブについて、休所期間を1週間延長し11日までにすると発表した。3日までに児童を含む関係者計12人の感染が判明し、多くの職員が濃厚接触者として行動が制限されているため。

 校区内の小学校1校も、児童や職員に濃厚接触者がいることなどを踏まえ、10日まで休校を延長する。

 県内では感染力の強いデルタ株が確認された割合が7月は31・8%だったのに対し、8月は86・1%に拡大。従来株からの急激な置き換わりが進む。
      (佐貫公哉)